あいみょんの曲はなぜ泣けるの?その理由と曲名についても!

   

歌詞が泣けると話題になっているシンガソングライターのあいみょん。

23歳という年齢ならでばの恋愛目線の歌詞がものすごく共感できると言われています。

曲の中には官能的なものもあり生々しい表現になっているのですが決していやらしくない歌詞になっています。

そんな、あいみょんの曲が泣けると話題になっているんです。

今回はあいみょんの曲はなぜ泣けるのか?という理由と曲名について調査してみました。

早速ですが解説していきます。

Sponsored Link

あいみょんの泣ける曲ランキング

あいみょんは恋愛系の曲や社会に対して向けた曲などが中心になっているようです。

その中でもネット上で泣けると声の多かった順にランキング形式にして発表します。

第一位 生きていたんだよな

泣けるという声が一番多かったのが「生きていたいんだよな」という曲です。

自殺が多いと言われる日本だからこそ、このような歌が必要だと思います。

ものすごく優しい歌です。

その優しさ伝わってきてが泣けてくるのだと思います。

この歌を聞いた時に改めて生きるという事を考えさせられました。

世知辛い世の中なので悩まれていて苦しいと思われる方もいると思いますが、そんな時にこの曲を聞いてみて欲しいです。

少し楽になれるのではないかなと思いました。

第二位 君はロックを聴かない

二番目に泣けるという声が多かったのが「君はロックを聴かない」という曲です。

この曲は大人の男性の恋愛感情を表現しています。

あいみょんさんが公言している「男性が好きな女性に対する必死感が好き」というのがたっぷりこの曲に詰まっているんです。

大人の男性が年の離れた女性に対して必死になっている姿と流れてくるメロディーが合わさり泣けてしまうのだと思います。

第三位 ○○ちゃん

そして三番目の曲は「○○ちゃん」。

こちらの曲は女性目線で描かれています。

将来の夢はお嫁さんだけど現実では相手もいないという切ない内容になっています。

可愛くなる努力は医者に頼っちゃったけどという歌詞がすごく可愛いと思いました。

成人の女性なのだけどどこか女子の感じが残っているんですね。

やはり同じ女性が聞いた時に共感し泣けてくるのだと思います。

あいみょんの曲はなぜ泣けるのか?

Sponsored Link

さきほど、あいみょんさんの泣ける曲ランキングを発表したのですが、このランキングを通して、なぜあいみょんさんの曲が泣けるのかという疑問について考えてみました。

まずランクインした曲は全て誰しもが一度は経験した事のある心情を表現していると思います。

学校生活や仕事などの人間関係の苦悩男性と女性それぞれの目線の恋愛感情などが曲を聞いていると生々しく伝わってきます。

その生々しさがあたかも自分の事のように思えてきて、曲の歌詞と自分を照らし合わせたくなるのだと思います。

そして曲と照らし合わさった時に今まで悩んできた気持ちや感情をあいみょんさんの流れてくるメロディーや歌詞によって自分の事を理解してくれていると錯覚し泣けてくるのだと思いました。

個人的にあいみょんさんは物凄く心が綺麗で優しい方だと思います、すっと気持ちに寄り添ってくれる良き理解者のような存在ですね。

生きていく中で疲れてしまう事もありますが、そんな時にあいみょんさんの曲を聞いて前向きな気持ちになってもらえればと思います。

あいみょんさんにもどんどん活躍して欲しいですね。

まとめ

■あいみょんの曲が泣ける理由は歌詞に共感できる部分が多く気持ちに寄り添ってくれるようなメロディだからである。

■あいみょんの曲の中で一番泣けると言われているのは「生きていたんだよな」だった。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

>>あいみょん『好きって言ってよ』の歌詞の意味は?解釈・考察してみた!

>>あいみょん『強がりました』の歌詞の意味は?解釈・考察してみた!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

 - あいみょん