この世界の片隅にのずすが嫌いと言われる理由とは?性格に問題がある?

   

『この世界の片隅に』は生々しい戦争アニメ映画として公開は当時は話題になりました。

今月の15日からTBS系列で実写ドラマが放送されるとの事で再び注目が集まっています。

主人公の名前は北条すずというのですが、すずが嫌いとの意見もあるようです。

いったいどういうところが嫌いなのでしょうか?

 

今回はこの世界の片隅にのすずが嫌いと言われる理由についてを調査してみました。

早速ですが解説していきます。

Sponsored Link

この世界の片隅にのずすが嫌い?

まずは。すずに対しての意見を見ていきましょう!

嫌いという意見が多数上がっていますね!

実際の人間関係でも合わない人がいますからね、アニメを通してみても性格が合わなそうと感じるのでしょう。

個人的にはふわふわしていて女性らしいなと思いましたが、戦時中の緊急事態にふわふわされたらイラッとしてしまうかもしれません。

ずすが嫌いと言われる理由は性格に問題がある?

Sponsored Link

さきほど紹介した意見にも書かれていましたが主人公のすずが嫌いと言われる理由は、すずのフワフワした雰囲気と天然ボケな性格だと考察します。

職場や学校などでも「この人と性格絶対合わない」とか「会う気がしない」と思うような方いませんでしたか?

僕はいました、話し方から雰囲気まで会った瞬間に直感で「あっこの人と合わないわ。」という感じです。

また戦時中という背景の中だからこそ、すずのフワフワした性格が目立ったのだと思います。

しかも不倫に近い事もしていましたからね、、、

という事でまとめますと、ずすが嫌いと言われる理由はすずのふわふわした性格にあると考察します。

ドラマが放送された後もすずについて感じた事があれば追記していきたいと思います。

まとめ

■この世界の片隅にのすずが嫌いという声が多数上がっていた。

■ずすが嫌いと言われる理由はすずのふわふわした性格にあると考察する。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

>>この世界の片隅にが気持ち悪いと言われる理由とは?嫌いとの意見も?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

 - アニメ・漫画, 映画