dele(ディーリー)のドラマの監督は誰なの?豪華スタッフ陣が集結?

   

7月27日11時15分から新ドラマ『dele』が放送されます。

主演は山田孝之さんと菅田将暉さんとの事で注目が集まっています。

また『dele』を手かげている監督は誰なのかという疑問の声も上がっているそうなんです。

それに俳優陣だけでなくスタッフ陣も豪華だとの情報も入っています。

 

今回はdele(ディーリー)のドラマの監督は誰なの?か豪華スタッフ陣なのか?という疑問について調査してみました。

早速ですが解説していきます。

Sponsored Link

監督は誰なの?2人いる?

瀧本智行

早稲田大学を卒業し自主映画製作に没頭したのちに、フリーランスの助監督となり鉄道員の製作など色々な作品に携わっていたそうです。

そして2005年に「樹の海」で映画監督デビューを果たしました。しかも、東京国際映画祭で特別賞を初監督作品で受賞という快挙を成し遂げたのです。

その他にも、、、

・グラスホッパー

・脳男

・去年の冬、君と別れ

など人気作品を監督として手がけています。

なんとなくですが上記の3作品と「dele」の作品の雰囲気が似ていると思いました笑

クールな感じが瀧本監督の作風なのだと思います!

常廣丈太

経歴などについて詳しく情報の記載はされていませんでした。個人的に自分の素性を明かさないシャイな方なのかもしれませんね!

監督として手がけた作品は、、

・着信あり

・BG身辺警護人

・就活家族きっとうまくいく

木村拓哉さんが主演で話題になったBG身辺警護人の監督をしていたなんて凄いですよね!

2人の監督がいるのでおそらく、一話毎に交代で演出を担当するのかもしれませんね。

人気監督のお2人が「dele」の演出を手掛けると思うとワクワクしてきました!

豪華スタッフ陣のまとめ

Sponsored Link

「dele」のスタッフ陣が豪華との情報でしたが、どうやら脚本家が豪華メンバーのようです。

徳永孝彦

相棒シリーズの脚本を手掛けている。

青島武

グラスホッパーや追憶などの脚本を手かげている。

瀧本智行

瀧本さんはさきほど紹介した通り『dele』の監督を努めていて脚本も手がけるようです。

本多孝好

本多さんは小説家で『dele』の作者なのですが、ドラマ公開にともなって脚本家デビューをするとの事でした。

相棒シリーズや追憶などの人気作品を手掛けている脚本家なので豪華メンバーと言われていますが納得してしまいました。

どんな作品構成になっているのか楽しみですね!

まとめ

■「dele」の監督は人気監督の瀧本智行さんと常廣丈太さんだった。

■相棒シリーズや追憶などの人気作品を手掛けている脚本家が『dele』の脚本を務める。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

この記事を見た人はこんな記事も見ています

 - ドラマ