ヒモメンの脚本家はどんな人物なの?俳優もやっているの?

   

7月28日の11時15分から新ドラマ『ヒモメン』が放送されます。

原作が人気漫画ですのでので実写化については非常に注目されています。

そこで『ヒモメン』のドラマの脚本家がどんな人物なのか気になりますよね?

俳優もやっているとの情報も入っています。

 

今回は『ヒモメン』のドラマの脚本家はどんな人物なのか?俳優もやっているのか?という疑問について調査してみました。

早速ですが解説していきます。

Sponsored Link

ヒモメンの脚本家はどんな人物?

『ヒモメン』の実写ドラマの脚本を手掛けている人物は森ハヤシさんです。

森ハヤシ

森ハヤシ(もりはやし)

生年月日:1972年2月12日 40歳

出身:東京都

職業:脚本家、俳優、ラジオパーソナリティ

主な代表作品

●テレビドラマ

・世にも奇妙な物語

・脳にスマホが埋められた

・ナイトヒーロ

●映画

・ゴッドタンキス我慢選手権 THE MOVIE2サイキック・ラブ

・内村さまぁ~ず

・神様バリにいる

●バラエティ番組

・痛快TVスカッとジャパン

経歴

WAGEというコントグループのメンバーとして早稲田大学のサークルとして活動していたとの事でした。

2005年に所属していたWAGEが解散し、その後に脚本家に転身したとそうなんです。

脚本家に転身してから5年後の2010年に女性アイドルグループのさくら学院を結成をきっかけにライブなどのイベントでMCとしての活動を始めたとの事でした。

さくら学院のライブイベントやコント、DVDに収録されている特典ドラマの脚本なども全般に手掛けているそうなんです。

もともとお笑いの道を進んでいて解散をきっかけに脚本家に転身するというのは大きな決断だったと思います。

思い切った決断をし脚本家として成功している姿をみるとものすごくカッコイイと思います!

俳優もやっている?

Sponsored Link

森ハヤシさんは脚本家だけではなく俳優もやっているそうなんです。

所属している事務所はアミューズとの事でした。

アミューズといえば神木隆之介さんや福山雅治さんなどイケメン俳優が所属している事でも有名な大手事務所です!

さくら学院関連の作品への出演が多いようでさくら学院のPV「FRIENDS」に俳優として出演しているそうでした。

その為かさくら学院との絆が深いようでさくら学院メンバー卒業の時には涙している姿もあったとの事でした。

脚本家と俳優という2つの顔をもっているなんて中々できない事ですよね。

また顔がイケメンなんです!

脚本家としての実力も高い方だと思いますので『ヒモメン』には期待していきましょう!

まとめ

■ヒモメンの脚本家は森ハヤシという人物だった。

■脚本家だけではなく俳優という顔ももっていた。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

この記事を見た人はこんな記事も見ています

 - ドラマ, 作者・監督