ハウルの動く城の荒地の魔女の手下の正体は?タバコの意味とは?

   

8月10日の金曜ロードショーで『ハウルの動く城』が再放送されるとの事でした!

物語の重要人物の一人なのが荒地の魔女ですが、その手下の正体が気になると言われているようなんです。

またタバコのシーンの意味についても色々な意見があるようです。

 

今回は『ハウルの動く城』の荒地の魔女の手下の正体は?タバコの意味とは?という疑問について調査してみました。

早速ですが解説していきます。

Sponsored Link

荒地の魔女の手下の正体

荒地の魔女の手下の正体は粘液状の黒い人型の使い魔だそうです。

画像を見る限りわかるのは人間ではないのが確かな事ですね。

おそらく荒地の魔女が魔力を失う前に魔法で生み出したモンスターだと考察します。

 

荒地の魔女は見ての通りブヨブヨに太ってしまっていて動くにも一苦労な様子、そこで粘液状の黒い人型の使い魔を生み出し自分の手下にしているのだと思います。

 

個人的に思ったのは「千と千尋の神隠し」に登場するカオナシに少し似ているかなと思いました笑

まぁそれはさておき、荒地の魔女の手下の正体は粘液状の黒い人型の使い魔でした。

タバコの意味とは?

Sponsored Link

荒地の魔女がハウルの魔法の師匠のサリマンから渡されたタバコを吸った時だけ微量の魔力を取り戻すシーンがあるのですが、

 

このタバコのシーン意味はサリマンがハウルを捕まえる為に荒地の魔女を利用したのだと考察します。

 

そもそも荒地の魔女はハウルの心臓がどうしても欲しくて、おばあちゃんになりハウルやソフィー達とお城で一緒に住むことになった後もハウルの心臓への執着心は無くなっていなかった。

そこでサリマンもハウルを捕まえたかったので心臓に対する執着心が凄い荒地の魔女に魔力を取り戻させる事によって、ハウルを捕まえられると考えたのでしょう。

 

要するにサリマンが渡したタバコには魔力が宿っている事になりますね。

荒地の魔女は太っていてヨボヨボで何も出来ないように見えますが、本質を見抜くような洞察力でサリマンがハウルを捕まえる為に自分に魔力を与えたという策略も見破っています。

ですがサリマンの策略とは裏腹に荒地の魔女は恋愛に悩むソフィーに助言をしたり、ハウルの心臓を託すなど優しい姿へと変わっていきました。

 

ですのでタバコのシーン意味とは、サリマンがタバコに魔力を宿し荒地の魔女に魔力を取り戻させてハウルを捕まえさせようとしたのでしょう。

荒地の魔女は悪役というイメージが強いですが、根は優しい人なのですね。

まとめ

■荒地の魔女の手下の正体は粘液状の黒い人型の使い魔というモンスターだと考察する。

■荒地の魔女のタバコの意味とはサリマンがタバコに魔力を宿し荒地の魔女に魔力を取り戻させてハウルを捕まえさせようとしたのだと考察する。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

↓次はこちらの記事をどうぞ!!↓

>>ハウルの動く城のカブ王子の名前は?イケメンとの声が続出?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

 - アニメ・漫画, ハウルの動く城, 映画