義母と娘のブルースの子役がうざいと言われている?演技がうますぎるから?

   

30歳前半という若さで部長に登りつめるほど仕事ができるのですが、仕事一筋すぎて私生活までビジネスマンという少し変わった主人公が岩木亜希子。

そんな岩木亜希子が訳あって宮本良一と再婚する事になり、良一の連れ子の宮本みゆきの母親になります。

そんな宮本みゆきを演じる子役がうざいと言われているそうなのです。

それは演技がうますぎるからでしょうか?

 

気になると思いますので今回は義母と娘のブルースの子役がうざいと言われている?演技がうますぎるから?という疑問について調査してみました。

早速ですが解説していきます。

Sponsored Link

子役がうざいと言われている?

ネットではこんな意見が上がっていました。

うざいというより嫌いという言葉が目立ちますね。

 

どんなジャンルのドラマでもやはり批判の声というのはあると思うので、こういった意見も作品にとっては大切だと考えます。

全員が同じ意見の作品ほど恐ろしいものはないと思っています。

僕の考えとしては批判の声を裏返すと称賛の声だと思います。

この方が言っている「生意気そう」というのは作中で本当に生意気そうな演技をしていたから、この子役生意気なんだなと感じたのだと思います。

そう考えると役者として、これ以上の褒め言葉はないと思います。

批判されるのは否定されているのではなくて、ある意味受け入れられていると考えても良いと思います。

批判も称賛もされないのが一番悲しい事だと思うので、賛否両論の意見が上がるという事は作品が素晴らしい証拠ですね。

という事で子役がうざいと言うよりも生意気で嫌いという意見でした。

演技がうますぎるから?

Sponsored Link

さきほど「子役が生意気で嫌い」という意見を紹介しましたが、それは子役の演技がうますぎるからだと考えます。

実際にネット上でも子役の演技に対して評価の声が上がっていましたので紹介いたします。

「嫌い」という意見もありながら、上記意見のように演技に対して高評価の声も上がっていました。

やはり批判の声があるという事は称賛の声もあるという事が証明できたと思います。

既に知っている方も多いと思いますが、子役の子の名前は横溝菜帆さんと言います。

若干10歳にして大河ドラマゴールデンタイムのテレビドラマ、声優やCMなど幅広く活躍されているそうなんです!

この若さで、あの演技力とは末恐ろしいですね、、、

今後の活躍に期待しましょう!

まとめ

■子役がうざいと言われていた。

■子役の演技がうまいとの声が上がっていた。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

 - ドラマ