マスカレードホテルは面白くない?面白いという意見もあるの?

   

2019年1月18日に映画「マスカレードホテル」の実写映画が公開されます。

主演が木村拓哉さんとのことで注目されること間違いなしの作品です。

このマスカレードホテルは原作の小説が発売された2011年当初から実写化やドラマ化されると言われていましたが、8年目でやっと公開ということでファンの方は喜びに包まれていると思います。

ただこの作品は「面白い」という評価だけではなく「面白くない」という批判の意見もあるそうなのです。

ですので今回はマスカレードホテルについてですが、

マスカレードホテルは面白くない?という点と面白いという意見もあるの?という点について深掘りしていきます。

Sponsored Link

マスカレードホテルは面白くない?

東野圭吾さんの作品ということで「面白い」という意見目立つと思っていたのですが、

どうやら「面白くない」という意見も結構上がっているとのことでした。

ということでネット上の反応を見ていきましょう。

というように「面白くない」「好きになれそうにない」という意見が目立っていますね。

良い作品をたくさん世に送り出している東野圭吾さんだからこそ期待度が上がっているのかもしれません。

面白くない理由は?

なぜ面白くないという意見が上がるのか、その理由が気になりますね。

ネット上の意見から判断したところ、作中のトリックが完璧に作りこまれ過ぎているから読者は「面白くない」と感じるのだと思います。

作品として出来過ぎてしまっていて批判されるのも大変、珍しいことだと思います。

これぞ人気作家の悩みの一つかもしれませんね。

Sponsored Link

面白いという意見もあるの?

マスカレードホテルは「面白くない」という批判の意見だけではなく「面白い」という声も多数の意見が上がっていました。

こちらのネット上の反応も見ていきましょう。

さきほどの「面白くない」という意見より「面白い」という意見の方が多い印象ですね。

これらの意見に共通することは、「スラスラと読めてしまう」と読みやすさを強く評価しています。

来年の1月に実写映画化が決まっていますが原作の小説が発売された時から「ドラマ化する」「映画化する」と言われるほどなんので、

それだけマスカレードホテルが「面白い」ということだと思います。

ですので実写映画化はかなり期待できるかもしれませんね!

まとめ

■面白くない、面白いという意見は両方ある。

■全体的で見ると面白いという意見の方が多かった。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

 - 小説, 映画