母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。のあらすじとは?キャストについて

   

漫画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」が2019年2月に実写映画の公開が予定されています。

母親について考えさせられるようなタイトルですが、そのようなあらすじなのか気になるところです。

また出演するキャストについても調査してみました。

ということで、母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。についてですが、

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。のあらすじとは?という点とキャストについても深掘りしていきます。

Sponsored Link

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。について

2019年2月に実写映画の公開が予定されている。

主演は俳優の安田顕さん、その他の共演者には女優の松下奈緒さんだそうです。

メガホンをとるのは大森立嗣監督。

監督が手がけた作品は「セトウツミ」「日日是好日」など話題を集めた作品が多いようです。

それに大森立嗣監督の弟は俳優の大森南朋さんで、父は舞踏会の麿赤児さんとのことでした。

俳優、舞踏会、監督と大変豪華な芸術一家だと思います。

この作品の原作は作者の宮川さとしさんが「絶対に死なないと思っていた母親」が亡くなった後に、母親の死ということに対する気付きをまとめた漫画作品なのです。

Sponsored Link

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。のあらすじ

基本的に一話ごとの完結の漫画なので、一般の小説のようなあらすじは無いのですが、「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った」という作品全体を紹介するようなあらすじを紹介します。

「自分の母親だけは絶対に死なないと思い込んでいた」 母の死後も淡々と続いていく日常の中で作者が発見したこと。そして、現実と真摯に向き合っていく過程で見えてきた”母の死”の意味とは―――。 どこか勝手の違う”母親のいない世界の違和感”を新鋭が紡ぎだすエッセイ漫画。

となっています。

自分の母親について考えさせるような作品です。

母親が生きている間に沢山、親孝行したいと思いました。

キャストを紹介

安田顕

 

View this post on Instagram

 

本日収録。取材。 #愛しのアイリーン #映画 9月14日 公開

安田顕さん(@yasu_da_ken)がシェアした投稿 –


主演の安田顕さん。

出身は北海道の室蘭市で大泉洋も所属しているTEAMNACSのメンバーでもある。

1973年の12月8日生まれの44歳。

声がとても耳にのこる渋い大人の俳優さんですね。

【出演作品】

・下町ロケット
・ハケンの品格
・嘘の戦争
・銀魂
・俳優 亀岡拓次
・新宿スワン

松下奈緒


女優の松下奈緒さん。

出身は兵庫県の川西市市で東京音楽大学を卒業という経歴をもっているようでした。

東京音大卒業しているから、あんなんいピアノが上手なんですね!

なんだか納得してしまいました笑

【出演作品】

・ゲゲゲの女房
・ディア・シスター
・マルモのおきて
・まんぷく
・医龍
・天才バカボン

倍賞美津子


ベテラン女優の倍賞美津子さん。

出身は茨城県で松竹音楽舞踊学校を卒業後、松竹に入社し看板女湯になったそうです。

なんと元アントニオ猪木さんの奥さんなんですね!

知りませんでしたので驚きです!

【出演作品】

・ブラックペアン
・下町ロケットー
・影武者
・竜馬伝
・3年B組金八先生

村上淳


モデル兼俳優の村上淳さん。

メンズノンノやファインボーイーズのモデルとして活躍後、俳優になったそうです。

息子は今や飛ぶ鳥を落とす勢いの若手俳優、村上虹郎さんなんです。

親子揃ってカッコイイですよね。

【出演作品】

・新宿スワン
・グラスホッパー
・パンク侍、斬られて候
・相棒
・昼顔

石橋蓮司

 

View this post on Instagram

 

ナポレオンじゃ! #NHK #大河ドラマ #西郷どん #せごどん #石橋蓮司 #川口雪篷 #革命の大英雄 #スマイル最高

大河ドラマ 「西郷どん」さん(@nhk_segodon)がシェアした投稿 –


大御所俳優の石橋蓮司さん。

出身は東京都の品川区で俳優でもあり演出家でもあるそうです。

日本大学藝術学部の映画学科に在学していたそうですが、ワケあって中退したそうでした。

今や知らない人はいない俳優さんですもんね。

【出演作品】

・アウトレイジ
・花子とアン
・西郷どん
・義経
・風に立つライオン

まとめ

■母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。は2019年2月に実写映画が公開される。

■母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。の主演は安田顕だった。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

 - 俳優, 小説, 映画