ハリーポッターと死の秘宝part1のヘビの正体とは?女の先生を食べた理由は?

   

映画「ハリーポッターと死の秘宝part1」が11月16日に金曜ロードショーにて再放送されますね。

作中には色々な登場人物が登場しますが、その中でもヘビが気になりますよね。

女の先生を食べたヘビの正体は何者なのか暴いていこうと思います。

ということでハリーポッターと死の秘宝part1についてですが、

ハリーポッターと死の秘宝part1のヘビの正体とは?という点と女の先生を食べた理由は?という点について深掘りしていきます。

Sponsored Link

ヘビの正体は何者?

 

View this post on Instagram

 

マレディクタス #ファンタビ

『ファンタスティック・ビースト』さん(@fantasticbeastsjp)がシェアした投稿 –


作中に登場するヘビの正体はナギニという女性でした。

このナギニはマレディクタスという血の呪いを受けており、ヘビから人間に変身できる力をもっているのです。

しかし、あくまでも血の呪いなので、後々は人間になるこはできずにヘビとして生きていく運命を背負っています。

ナギニという名前の由来はインド神話の蛇神ナーガからきているそうでした。

ヴォルデモートとの関係はペットでもあり、分霊箱でもあるのです。

ちなみに分霊箱とは、ヴォルデモートの魂の欠片みたいなものことを言います。

なのでヴォルデモート自身が倒されたとしても、分霊箱であるナギニが生きていればヴォルデモートは復活することができるのです。

ヴォルデモートとナギニはそれほど密接な関係なのです。

あのダンブルドアが「ヴォルデモートが愛するものがいるとすればナギニだ」とまで言わしめたほど、特別なきずながあるのかもしれません。

そんなナギニはかなりの戦闘力の持ち主で、ヴォルデモートが命令すれば、どんなヤツでも殺害するのです。

スネイプもヴォルデモートの命令でナギニに殺されますし、バチルダという教授の遺体に入り込んで生きているのかのように見せかけハリーを殺そうとまでしますかからね。

完璧なまでに命令を遂行します。

しかし、最後はネビルにグリンフィンドールの剣で殺害されてしまうんですけどね。

またナギニを演じているのは韓国人女優のスヒョンさんです。

スヒョンのプロフィール

スヒョン

生年月日:1985年1月25日(33歳)

その他の出演作品

・アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

・ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

かなりの有名作品に出演されているようです。

ナギニは謎のベールに包まれていたのですが、2018年11月に公開予定の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』で、ナギニの生い立ちが明かされると発表され世界中で注目を集めています。

とっても綺麗な女優さんなので、全世界を虜にすることまちがいなしですね!

Sponsored Link

最初のシーンで女の先生を食べた理由は?

ナギニは作中の最初のシーンでチャリティ・バーベッジという女の先生を食べてしまうのですが、

チャリティ・バーベッジを食べた理由はヴォルデモートに命令されたからです。

そのとき、ヴォルデモートはマグル狩りをしようとしていたのです。

ちなみにマグルとは魔法が使えることができない普通の人の事を指します。

このマグルを滅亡させようというときに、マグル庇うような論文を日刊予言者新聞に書いてしまったのがチャリティ・バーベッジだったのです。

タイミングが悪かったとしか言いようがありませんからね。

その論文がヴォルデモートのかんにさわり、殺されナギニに食べられてしまったのです。

まぁナギニもヴォルデモートの命令がなかったら食べていないと思いますけどね!

まとめ

■ヘビの正体はナギニという美女だった。

■ナギニが最初のシーンで女の先生を食べた理由はヴォルデモートに命令されたからである。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

↓↓次の記事がこちら↓↓

>>ハリーポッターと死の秘宝part1で死んだ人は誰?一覧でまとめてみた【画像あり】

 - 俳優, 映画