ホームアローンの暴力ビデオの元ネタとは?セリフの意味は?

      2018/12/09

クリスマスの時期がやってきましたね。

この時期になるとクリスマス映画もテレビで放送されますが、

2018年12月14日に「ホームアローン」が再放送されることが決まっています。

ホームアローンといえば劇中に登場する暴力ビデオのシーンが有名ですよね。

ということで今回はホームアローンの暴力ビデオについてですが、

ホームアローンの暴力ビデオの元ネタとは?という点とセリフの意味は?という点について深掘りしていきます。
Sponsored Link

ホームアローンの暴力ビデオとは

ホームアローンの暴力ビデオとは、

主人公のケビンがその暴力ビデオを流して敵をおどかせ追い返してみたり、配達にきたピザ屋の兄ちゃんをビビらせるイタズラに使ってみたりと

ホームアローンの劇中の中で頻繁に登場するギャング映画のことです。

まずはピザ屋の兄ちゃんをイタズラした時に使った暴力ビデオのシーンをみていきましょう。

ピザ屋の兄ちゃんめちゃくちゃビビっていましたね笑

 

ホームアローンのピザ屋の俳優はどんな人?イケメンだと言われてる?

 

僕もこの暴力ビデオシーンが大好きなのですが、ネット上でも「面白い」「好き」という声が続出しているそうでした。

その一部の声を紹介します。

多数の声が上げられていました!

このアメリカのコメディ感が最高に面白いですよね笑

Sponsored Link

暴力ビデオのセリフの意味は?

そんな中、暴力ビデオに登場するギャングのおじさんのセリフの意味が気になりますよね。

ホームアローンの暴力ビデオのセリフの中でも個人的に好きなセリフがあるので、

そのシーンもまじえて解説していきます。

上の動画のシーンのセリフなのですが、

ギャング:「ひざまずいて愛していると言え」

ホテルマン:「愛しております!」

ギャング:「まだまだ愛が足りねえ!!」

ホテルマン:「愛しております!!!」

このやり取りが個人的に大好きです笑

ギャングのおじさんのセリフもくだらないですし、ホテルマンの表情も絶妙に笑えます笑

暴力ビデオの元ネタとは?

さてこれまで紹介してきた暴力ビデオなのですが、どうやら元ネタとなる作品が存在するようでした。

その元ネタの名前は、『汚れた顔の天使』というそうです。

1938年にワーナーブラザーズから公開されたギャング映画とのことでした。

しかもアカデミー賞も受賞しているそうです。

ちなみにホームアローンの劇中で流れる暴力ビデオは『汚れた顔の天使』そのものではなく、

『汚れた心の天使』というパロディ映画になっているそうでした。

さらにホームアローン2で『さらに汚れた心の天使』として登場します。

もうタイトルの付けかたがくだらなくて面白いですよね笑

以上がホームアローンの暴力ビデオの元ネタとセリフの意味についてでした。

まとめ

■ホームアローンの暴力ビデオの元ネタは『汚れた顔の天使』という作品。

■ホームアローンの暴力ビデオに登場するのは元ネタのパロディで『汚れた心の天使』となっている。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
>>ホームアローンのケビンがあーと叫ぶシーンの意味は?顔に塗ったのはひげそりローション?

>>ホームアローンの教会で流れる合唱曲の名前は?有名なクリスマスソング?

>ホームアローンのその後はどうなったの?最後のシーンが泣ける?

>>ホームアローンのピザ屋の俳優はどんな人?イケメンだと言われてる?

>>ホームアローンの最後のeが小文字の理由とは?時代背景が関係している?

>>ホームアローンはつまらない?面白くないと言われる理由とは?

>>ホームアローンの家族は裕福な金持ちの設定?年収はいくらなの?
Sponsored Link

 - 映画