初めて恋をした日に読む話はつまらないの?面白いとの声が多い?

   

お正月明けの楽しみと言えば新ドラマですよね。

 

いくつになっても美しさが衰えない深田恭子さんが主演の『初めて恋をした日に読む話』が1月15日に放送されます。

 

まず気になるのは評価の声だと思います。

 

ネット上では「面白い」や「つまらない」など賛否両論の声が挙げられているそうでした。

 

ということで今回は初めて恋をした日に読む話についてですが、

初めて恋をした日に読む話はつまらないの?という点と面白いとの声が多い?という点について深掘りしていきます。

Sponsored Link

初めて恋をした日に読む話はつまらないの?

それでは初めて恋をした日に読む話の実写版の放送に先立って原作につけられたつまらないという声を紹介していきます。

 

・絵は綺麗可愛いのに、セリフ回しなど、随所に昭和臭が漂っているのが残念でした。30年前くらいのリボンのホームコメディ漫画みたい。

 

・この作者の絵も話も好きなんだけどりぼん時代から微妙に思ってたギャグと説教くささがさらにキツくなってた。ノリが昭和。

 

・主人公のノリについていけない。絶妙に一昔前って感じ。作者がその世代なのかなー微妙。

 

・全体的にどことなく古臭く感じてしまった汗。

 

・とにかく共感できる部分がなく、ギャグも寒いし、主人公の立ち居振る舞いには少し腹立たしくも思えました。

 

以上が初めて恋をした日に読む話が「つまらない」「微妙」などの声なのですが、

 

これらの声に共通しているのは作品の内容が古く感じるというところだと思います。

 

作者の持田あきさんの年齢は34歳とのことで若い方だとは思いますが、

 

読者からは主人公のノリが昭和というか平成初期のような雰囲気だと言われています。

 

実写版ではこのような古いと言われる部分が今風になっているのか要注目ですね。

Sponsored Link

面白いとの声が多い?

「つまらない」という声がある一方で「面白い」という称賛の声も挙げられていました。

 

さっそくですが紹介していきます。

「面白い」という声の方が多いように感じました。

 

原作の評価はもちろんのこと、

 

初めて恋をした日に読む話の実写版に登場する深田恭子さんや中村倫也さんへの期待を寄せる声も挙げられていました。

 

原作には賛否両論の声が上がっていましたが、実写版に関しては期待度が高く前向きな声が多かったと思います。

 

どうなるかは放送してからのお楽しみというところですね。

 

放送後の評価については追記したいと思います!

まとめ

■初めて恋をした日に読む話はつまらないという声も挙げられていた。

■初めて恋をした日に読む話が面白いという声の方が多かった。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

 - ドラマ