トイレに行きやすいバイトはあるの?頻尿が辛いのでまとめてみた!

   

頻尿が辛いという人達が以外と多いという事に最近、気付きました。

 

何回もトイレに行きたくなるというのは精神的にも非常に辛い事だと思います。

 

中には頻尿が原因で仕事ができなくなり尿意がくるのが恐怖になった、という方もいるようです。

 

何か手助けできる事がないかと思い、トイレに行きやすいバイトについて調査してみました。

 

頻尿が辛いという人達の声とトイレに行きやすいバイトの種類について解説していきます。

Sponsored Link

頻尿が辛いと感じる人の声

頻尿が辛いと感じる人達が以外と多いとの事でしたので、頻尿の方達の悲痛な声をまとめてみました。

 

・バイト中にトイレに行きたくなり、バイト仲間に迷惑をかけてしまう

・頻尿が辛い

・頻尿過ぎて仕事にも支障が出てしまう

・多い時だと一日に8回以上トイレに行く

・夜中もトイレに行きたくなり起きてしまう

・尿がいつ行きたくなるのだろうと考えると恐怖で働けない

・トイレに行ってもまたトイレに行きたくなる

・3分起きにオシッコするのが大変

 

かなりの声が上がっていました。

 

僕は頻尿ではないので実感がわかないのですが、中には3分起きにトイレに行くという方もいるようです。

 

自分一人だけだったらトイレに何度も行けますがバイト先や職場だと周りの人達に気を遣ってしまうので中々トイレに行けずに我慢してしまうパターンが多いようです。

トイレに行きやすいバイトの種類まとめ

Sponsored Link

頻尿の方達が一番の悩みだと思うのがバイト先や職場だと思います。

 

今回はトイレ行きやすいバイトの種類についてまとめてみました。

ティシュ配り

街中で見かけるティシュ配りのアルバイトですが対人系のバイトの中では比較的自由にトイレに行けるようです。

注意すべき点としては、ティシュ配る範囲や場所が決められているのでトイレの位置を正確に把握する事とノルマがあると思うので、ティシュ配りの配分が重要になってくると思います。

事務職

事務職については、自分のペースで仕事が進められますし、接客業と違ってお客様が優先ではないのでトイレには行きやすいと思います。

自分の仕事をしっかりとこなして、所属している部署の管理者にトイレに行く事を伝えれば問題ないと思います。

スーパーの品出し

数あるバイトの中でもトイレに行きやすい環境だと思います。

仕事の内容的にも、商品の陳列や整理がメインなので仕事になれてしまえばトイレは行き放題だと思います。

従業員が多い接客業

接客業というと、お客様優先となるのでトイレに中々行きづらいイメージがあったのですが、忙しいく動き回っていると尿意を忘れるとの意見があるようです。

もちろん個人差があるので注意をしてもらいたいのですが、従業員が多ければトイレに行ってもあまり気にされないと考えます。

配達員

配達員もノルマがありますが、基本的には個人で行う仕事なので合間にコンビニや公園などのトイレを自分のタイミングで借りれると思います。

システムエンジニア

システムエンジニアの仕事はデスクワークですし、納期さえ守ればトイレには行きやすい環境だと思います。

在宅ワーク

在宅ワークは想像してもらえればわかると思いますが、職場ではなく自宅で仕事行うのでトイレは行き放題です。

当たり前かもしれませんが在宅ワークが一番トイレに行ける仕事だと思います。

東京ディスニーランドのカストーディアルキャスト

このバイトは結構特殊ですが、ディズニーランド園内の清掃や写真撮影など行うキャストの事だそうです。

園内を自由に移動できるので、自由にトイレに行けるようです。

ただカストーディアルキャスト以外のキャストの仕事だと交代制になってくるので逆にトイレに行けなくなる可能性があるので注意が必要です。

 

僕的には上記8種類のアルバイトが比較的トイレに行きやすいと考察します。

 

8種類の中で共通するは点は縛られる事が少なく個人の自由度が高い事だと思いました。

 

頻尿で困っている方は自由度が高い仕事を優先して選らんだ方が良いかもしれませんね。

まとめ

■頻尿過ぎて仕事にも支障が出てしまうなど頻尿が辛いという声が多数あった。

■トイレに行きやすいバイトに共通する事は個人の自由度が高い仕事であると考察する。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

雑学好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

 - 雑学