花のち晴れの監督と脚本家は誰なの?逃げ恥も演出していた?

      2018/04/29

花のち晴れや花より男子など、大変面白く素晴らしい作品だと思います。

 

作品自体も素晴らしいですが、製作しているスタッフも凄いと思います。

 

スタッフの中でも作品製作を左右するのが監督と脚本家ですが、どんな人なのか気になりますよね?

 

そんな事もあろうかと、今回は花のち晴れの監督と脚本について調査してみました。

 

早速ですが解説していきます。

Sponsored Link

花のち晴れの監督と脚本家はどんな人

少女漫画の脚本に定評がある?

花のち晴れの製作をしている監督と脚本家は誰なのか気になったので調べてみました。

脚本家は吉田恵里香さんという方で、少女漫画を映画化やドラマ化する時の脚本が面白いとファンの間から好評のようでした。

脚本家にしては、年齢もまだ若いようで若手のホープとの事です。

そんな、吉田恵里香さんのプロフィールを調べてみました。

吉田恵里香のプロフィール

吉田恵里香(よしだえりか)

職業は脚本家で構成作家

1987年生まれの30歳

Queen-Bという事務職に所属しているとの事でした。

手がけた作品はこちら

・脳再炸裂ガール

・ヒロイン失格

・男水

・恋するイブ

・刀剣乱舞

・シャキーン

こうやって手がけた作品を見るとジャンルの幅が広いなと思います。

恋愛映画から時代劇舞台、教育番組など売れっ子作家である事がわかりますね!

脚本家や構成作家など色々な方面で活躍している方なのでこれからの作品が楽しみです。

監督が複数人いる?

どうやら監督というよりも演出チームとして定義されているようです。

 

花のち晴れの演出チームは石井康晴さん、坪井敏雄さん、岡本伸吾さんの3人との事です。

 

このチームの中の総合演出が石井康晴さんのようですので、調査してみました。

石井康晴のプロフィール

石井康晴(いしいやすはる)

職業は演出家で映画監督

1969年生まれの49歳

TBSテレビ制作1部所属のテレビ局員のようです。

手がけた作品はこちら

・花より男子

・クロサギ

・世界の中心で愛を叫ぶ

・白夜行

・Mの悲劇

・流星の絆

・山田太郎ものがたり

・表参道高校合唱部

・逃げるは恥だが役に立つ

物凄い人気作品を手がけているんですね!

まさか、花より男子と逃げ恥の監督が一緒だとは思いませんでした。


テレビドラマの演出家でもあり、映画監督という一面もあるなんて凄いと思います。

元はバラエティスタッフだった?

Sponsored Link

バラエティスタッフ時代の経歴

花のち晴れの総合演出でもある石井康晴さんはTBS入社当初はバラエティ番組の製作を手がけていたとの事です。

 

手がけたバラエティ番組はこちら

 

・中居正広の金曜日のスマたちへ

・ここがへんだよ日本人

 

なんと中居正広さんの金スマも担当していたんですね!

 

今の輝かしいドラマの経歴を見ると、ずっと新人の頃からドラマ畑なのかと思いきや、バラエティ番組も担当していた事に驚きです。

 

1992年にTBSに入社してからバラエティスタッフとして従事し、1999年に天国に一番近い男という作品で演出アシスタントデビューを果たす。

 

それからあっという間に1999年~2000年に国仲涼子さん主演の悪いオンナシリーズで演出家デビューしたとの事でした。

 

バラエティ番組スタッフを経て、演出アシスタントになってから演出家デビューするまでの尋常ないくらい早いですね。

 

とてつもない出世だと思います。

 

この経歴を見ると、石井康晴さんはドラマや映画向きだったのかもしれませんね。

 

人の人生はわからない、改めて思いしらされました。

まとめ

■花のち晴れの監督は逃げ恥も手がけた敏腕演出家の石井康晴さんである。

■金スマやここがへんだよ日本人などのバラエティ番組も手がけていた。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

ドラマ好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

 - ドラマ