かぐや姫の物語の帝のセリフが気持ち悪い?キモいという感想が多すぎる

      2018/05/06

かぐや姫の物語の帝は特徴的なキャラクターからネタにされる事が多いですが、セリフについても注目されているようです。

なぜ注目されているかというと「気持ちが悪い」からとの事でした。

 

実際にネット上でそのような声があるのか調査してみました。

早速ですが解説していきます。

Sponsored Link

かぐや姫の物語の帝のセリフ

かぐや姫の物語に登場する帝のセリフが話題になっています。

そのセリフとは「私がこうすることで喜ばぬ女はいなかった」

このセリフを聴いた視聴者から色々な意見が上がっていました。

今回は「私がこうすることで喜ばぬ女はいなかった」というセリフに対する意見をまとめてみました。

色々なツイートがされていますね。

このセリフを初めて聞いた時は、「とんでもない自信家だな」と思った反面、「本当かよ」とも思いました。

あの時代で帝という身分ならば誰も逆らう事が出来ないので、それを良いことに女性と遊んでいたのだと考えられます。

キモいという感想が多すぎる

Sponsored Link

「私がこうすることで喜ばぬ女はいなかった」というセリフが気持ち悪いという声も続出しているとの事でした。

このような発言をする帝も気持ち悪いと僕は思いますけどね。

という事で帝のセリフに対して気持ち悪いという声についてまとめてみました。

こちらもまた気持ち悪いという声が多数、上がっていました。

男である僕が聞いても気持ち悪いと思うのだから、女性が聞いたらさらに気持ち悪いと思います。

帝としては、顎が長くて気持ち悪いというキャラクターになっているので、ある意味、面白いのかもしれませんね。

まとめ

■かぐや姫の物語の帝の有名なセリフは「私がこうすることで喜ばぬ女はいなかった」である。

■帝のセリフやキャラクターに対して気持ち悪いという声が続出している。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

>>かぐや姫の物語の捨丸と再会するシーンは夢落ちだったの?真相について深掘り

>>かぐや姫の物語の最後に出てくる赤ちゃんの意味とはどういう事なのか?

>>かぐや姫の物語の翁がうざい?クズすぎて嫌いという声も続出している?

>>かぐや姫の物語の捨丸がクズで最低すぎるいう声が続出?原作でも浮気するの?

>>かぐや姫の物語の女童がかわいいと話題に正体は何者?最後のわらべ唄の真相は?

>>かぐや姫の物語の天女の歌の歌詞に出てくる人の情けを育みての意味とは?

>>かぐや姫の物語でかぐや姫が走った理由は?走るシーンの表現の意味とは?

>>かぐや姫の物語の天人の音楽が怖いと言われる理由は?発言の意味についても

>>かぐや姫の物語の御簾の中にいた北の方は何者?浮気との関係は?

>>かぐや姫の物語の帝の顎が長い理由を徹底追求!気になる角度は?

>>かぐや姫の物語の帝が抱きつくシーンでかぐや姫が消えた理由とは?

>>かぐや姫の物語のおばあさんから急に乳が出た理由は?かぐや姫が地球に来た理由についても

この記事を見た人はこんな記事も見ています

 - アニメ・漫画, 映画