ロストワールドのエディがかわいそう?ニックのせいで死亡した?

   

再放送前から何かと騒がれている「ロストワールド/ジュラシックパーク」

登場人物の行動に賛否両論あるようです。

賛否両論ある議論の中でも、エディの最後がかわいそう言われているとの事でした。

 

今回は、エディがかわいそうと言われる理由についてまとめてみました。

Sponsored Link

ロストワールドのエディがかわいそう?

エディ・カーは天才メカニックとして電気自動車のバックアップや頑丈な檻を生み出し、作品の中では天才メカニックとして活躍します。

若干20歳の青年でありながら、メカニックの師匠ジャック・フォーンを凌駕している。

ちなみジャック・フォーンとはスタンフォード大学の工学博士だった人で恐竜がいるゾーンを探検する特殊車両の設計と開発をしている重要人物なのです。

 

映画版には登場していないようでした。

 

話が逸それましたが戻しますと、エディ・カーは大変活躍するのですが、悲惨な結末を迎えてしまいます。

ティラノサウルスがトレーラを襲撃します。

トレーラが崖から転げ落ち、この時点ではエディは生きているのですが、この直後にティラノサウルス2匹に引きちぎれ死亡してしまうのです。

作品の中で一番活躍したと言っても過言でない、エディがこのような最後を迎えるのはかわいそすぎますね。

ニックのせいで死亡した?

Sponsored Link

エディがティラノサウルスに襲われる原因を作った犯人が登場人物の中にいます。

名前はニック・ヴァン・オーエン

自然保護団体のメンバーでドキュメンタリーカメラマンでもあるこの人物。

動物を殺す事は許されないと唱え、恐竜さえも殺す事を否定します。

このニックが傷ついたティラノサウルスの子供を勝手にトレーラに持ち帰ってきてしまうのです。

この行動により、親のティラノサウルスが激昂し、子供がいるトレーラーを襲撃するという最悪の流れを引き起こします。

もちろんこのトレーラーにエディが乗っていて、ティラノサウルスに食い殺されてしまいます。

ニックが子供のティラノサウルスを持ち帰らなかったら、エディが殺される事はなかった。

全ての原因はニックにあるのです。

まとめ

■天才メカニックのエディ・カーはティラノサウルスに食い殺されてしまい、かわいそうと言われている。

■ティラノサウルスが襲撃する原因を作ったのはニック・ヴァン・オーエンである。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

>>ジュラシックパークの女の子がうざい?観ているとイライラする?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

 - 映画