ロストワールドが面白いと言われている?サンディエゴのシーンが圧巻?

      2018/05/23

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』はジュラシックパークシリーズの第2作目として知られています。

この2作目は映像が評価されていて、ストーリーも面白いと言われているようです。

特にサンディエゴの街のシーンが圧巻だという事で衝撃を受けた方も多いとの事でした。

 

そんな所で今回はロストワールドが面白いと言われている理由とサンディエゴのシーンについて調査してみました。

早速ですが解説していきます。

Sponsored Link

面白いと言われている?

ロスト・ワールドが面白いと言われているようなので、実際の声を集めてみました。

映画の評価も高いですが、原作の小説も面白いようですね。

第一作目と比べるとCGの技術が格段に上がっているようで、さらにCG以外の特殊な撮影義技術が盛り込まれているようでした。

⇓⇓特殊な撮影技術の記事がこちら⇓⇓

ロストワールドで小型恐竜の群れに捕食されるシーンはGGじゃなくて本物?

なんとアカデミー賞では視聴効果賞も受賞しており、映画界に革新をもたらしたといっても過言ではないと思います。

今やCGなどは当たり前になっていますが、この当時は最先端の技術だった。

当時の人達は非常に衝撃的だったと思います。

また反対につまらないとの意見もあるようです。

面白いという意見がある分、つまらないとも言われているようですね。

それだけ注目度の高い映画なんだと思います。

サンディエゴのシーンが圧巻?

Sponsored Link

またサンディエゴのシーンが圧巻とも言われているようです。

このシーンは誰もが知っている有名な場面ですね。

ティラノサウルスがサンディエゴで暴れるシーンなのですが、どこかで見覚えがありませんか?

なんと日本の怪獣作品「ゴジラ」をオマージュしているようなのです。

スピルバーグ監督は色々な作品に日本の作品を盛り込んでいる事でも有名ですが、まさかジュラシックパークシリーズでもやってくれるとは思いませんでした。

劇中でも日本人がゴジラについて触れているシーンがあるので注目して欲しいです。

⇓⇓日本人の記事がこちら⇓⇓

ロストワールドの日本人は誰?叫んでいる内容の翻訳についても!

ロストワールドには賛否両論と意見が分かれていますが、単純に映画という娯楽で考えたら面白いと僕は思いました。

まとめ

■ハゲの正体エディ・カーという人物だった。

■エディ・カーがカッコイイという声が多数上がっていた。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

この記事を見た人はこんな記事も見ています

 - 映画