クレヨンしんちゃんの声優が変わった理由とは?寂しいという声が続出!

   

「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけの声優を努めている矢島晶子さんが降板との衝撃のニュースが昨日報道されました。

今だにしんちゃんの声が変わった後のイメージができないです。

20代から30代の方は一度は観た事のあるアニメだと思います。

「クレヨンしんちゃん」のアニメが開始されてから数年間は「下品だから子供に見せたくない」「あんなのみたらバカになる」批判されていたようです。

 

しかし、今や野原一家の家族間の絆や愛情が理想の家庭だと言われ子供に見せたいいアニメとしてイメージも大きく変わってきていました。

その中でこの報道がなされネット上では寂しいとの声が沢山寄せられているとの事でした。

 

今回はクレヨンしんちゃんの声優が変わった理由と寂しいという声について調査してみました。

早速ですが解説していきます。

Sponsored Link

クレヨンしんちゃんの声優が変わった理由は?

原因は発声方法

野原しんのすけの声優を努めている矢島晶子さんが降板を決意した理由はしんちゃんの独特な発声方法が原因だそうです。

矢島晶子さんいわく、しんちゃんの発声方法はお酒を呑みすぎて胃から戻そうとする時にだす嗚咽で「おぇぇ」のような感覚でずっと、しんちゃんの声を作っていたそうでした。

その為、声作りに意識が集中してしまい自然な演技ができなくなってしまった。

これらがしんちゃんの声優を降板した一番の理由だそうです。

 

こんなコメントも残していました。

「ここまで作ってくると、結構疲れてきますよ」

嗚咽に近い発声方法で27年間しんちゃんの声を作ってきた努力は並大抵な事ではなかったと思います。

しんちゃんの収録後は100%の確率で声が枯れてしまい別作品で少女役のオファーがきても声が汚いという理由で断っていたそうです。

野原しんのすけの声優という声優を目指している人なら誰もが憧れるポジションだと思います。

しかし、その責任というのは計り知れないほど重かったのでしょう。

「『しんのすけ』というキャラクターとは離れますが、声の仕事には関わっていきます。また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです」

しんちゃんの声が変わってしまうのは寂しいですが矢島晶子さんには今後も別作品で活躍してほしいですね。

寂しいという声が続出!

Sponsored Link

しんちゃんの声優が変わったのという報道を受けて寂しいという声が続出しているようでした。

寂しいという声がこちら

沢山の寂しいという声が続出しています。

僕自身も幼稚園の頃からしんちゃんを観ていたので声が変わってしまうのは凄く寂しいです。

ですが矢島晶子さんも悩みに悩んだ上での決断だと思いますので応援したいと思います。

矢島晶子さん27年間お疲れ様でした。そして、ありがとうございました!

まとめ

■クレヨンしんちゃんの声優が変わった理由はしんちゃんの声作りに意識が集中してしまい自然な演技ができなくなってしまったからである。

■しんちゃんの声優が変わって寂しいという声が続出していた。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

この記事を見た人はこんな記事も見ています

 - アニメ・漫画