そして父になるのミッションは終わりだとやっぱりそういうことかの意味とは?

   

土曜プレミアムで「そして父になる」が放送されます!

 

6月16日に放送との事で前回の放送から約3年ぶりの地上波となります。

 

そして父になるのセリフには考えさせられるような部分が沢山あります。

 

数あるセリフの中でも重要な意味をもつセリフがあります。

 

それは野々宮良多(福山雅治)の「ミッションは終わりだ」と「やっぱりそういうことか」という発言です。

 

この発言の意味について気になったので調査してみました。

 

今回は「ミッションは終わりだ」「やっぱりそういうことか」というセリフについて解説していきます。

Sponsored Link

やっぱりそういうことかの意味とは?

野々宮良多は育ててきた息子の慶多が生まれた時に病院で故意的に取り違えられた事を告げられ帰りの車の中で窓ガラスを叩きながら「やっぱりそういうことか」という発言をします。

 

発言の意味は慶太が優秀じゃなかったのは自分と血繋がっていなかったからなのか、そういうことか。という意味だと考察します。

 

この発言については、慶多が自分(福山雅治)と比べると優秀な子供ではないと無意識の内に思っていた。

 

なので自分と血が繋がっていない事を告げられると、だから優秀じゃなかったのかと納得した様子を見せるのだと思います。

 

この発言をした時に助席に座っていたみどり(尾野真千子)が不満気な表情をしますが僕としてもみどりに賛同します。

 

愛してきた息子が実は血が繋がっていない他人の子供だったと告げられているのにもかかわらず、そんな時にも優秀とか出来が悪いとかの事を考えている野々宮良多に対して不満になるのは当然ですね。

 

この場面ではまだ、野々宮良多は父親になれていなかったんですね。

 

タイトルが「そして父になる」なので、このシーンでは野々宮良多は本当の父親になれていない姿を表現しているのだと思います。

ミッションは終わりだの意味とは?

Sponsored Link

物語のラストシーンで野々宮良多がひたすら歩く息子の慶多に対して「もうミッションなんか終わりだ」という発言をします。

 

発言の意味について僕はこう解釈しました。

 

「斉木家で生活するミッションは終わりだ野々宮家に戻ってきて元の生活に戻ろう」

 

この発言をした後に二人は抱きあうシーンになるのですが、ここで初めて野々宮良多が父親になれたのだと考察します。

 

血の繋がりだとか関係なしに慶多は俺の息子なんだと父親としての思いをこのシーンで表現したのだと思います。

 

野々宮良多は「やっぱりそういうことか」という発言をした時は父親になりきれていなくて「もうミッションなんか終わりだ」の発言で慶多の父親になれた。

 

「そして父になる」のタイトル通りになったのでしょう。

まとめ

■やっぱりそういうことかの意味とは慶太が優秀じゃなかったのは自分と血繋がっていなかったからなのかと納得した意味だと考察する。

■ミッションは終わりだの意味は斉木家で生活するミッションは終わりだ野々宮家に戻ってきて元の生活に戻ろうという意味だと考察する。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
Sponsored Link

>>そして父になるの看護師が赤ちゃんを入れ替えた理由は?息子が原因?

>>そして父になるの看護師がクズすぎる?封筒の中身についても!

>>そして父になるのスパイダーマンの意味とは?元々は台本に無かった?

>>そして父になるの子供はなぜ関西弁なの?演技が自然すぎる?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

 - 映画